2019.08.20 11:53 PM

作品と人格

人格と作品の繋がりが最大の魅力である作家でなければ、
人格がどれだけ醜かったとしても、
作品の素晴らしさに変わりはないと思っていますよ。

人格に難がある人の美しい作品より、
人格が優れた人のダメダメな作品が素晴らしいなんて、
ちょっと変じゃない?

おれがそう思うってだけやけどな!

おれが思うってだけやで!?

 

コメントは受け付けていません。