2017.05.12 12:31 AM

ノンアルコールビールの可能性と弊害について

今日はノンアルコールビールを飲みながら働いてみた。
するとどうだ。
飲みながら働いている楽しさや後ろめたさがありつつも、
頭はしゃっきり通常運転。

良いとこ取り。
いや、まさに良いとこ取り。

しかしながらだ。

言うてもノンアルコールビールが出てきたのはまだ最近、
今後ノンアルコールビールの弊害が発見される可能性はある。
ゼロカロリーの甘味料がそうだと言う。
体が「糖分来たでぇ!」と脳が勘違いして糖分分解する物質出したものの糖分来ず、
結果かえってお腹減っちまって食べちゃう!ってことがあるらしい。

つうことは、そのうちノンアルコールビールをそんなことあるんでない??
「アルコール来たでぇ!」と脳が勘違いして、
なんかぬか喜びになって、かえって憂鬱みたいな。
あるかな?ないかな?
まぁ調べてみんとわからんよチミィ!!だって僕は一般人。

なんてことを書きながらノンアルコールビールを飲んでいる。
もうちょっと飲んでいたい、だけどもうベロベロ。
そんな時は水の代わりにノンアルコールビール。
飲む楽しさそのままに、酔いは良い感じに引いていく。
これって良いぜ。相当良いぜ。

だけど今後何があるかわからない。
ノンアルコールビールは体に悪い、とされても俺は気にしない。

気にしないんだぜ!!

コメントは受け付けていません。